• 業務内容
  • そふまる
  • 安全・安心への取り組み
  • 会社情報
  • 採用情報

HOME >> 業務内容 >> 仕事力アップメニュー2013年5月

業務内容

仕事力アップメニュー

アンチエイジングと新陳代謝の活性化メニュー

さくら鯛のアラ炊き(307Kcal)

さくら鯛のアラ炊き

ポイント栄養素

DHA,EPA,コラーゲン


効果

桜鯛とは、春に旬を迎える真鯛のこと。春になると真鯛の体が赤くなり、それが桜色に見えることから呼ばれるようになりました。
鯛にはビタミンB群、タウリン、DHA、EPAなどの栄養素、皮には食品では摂りにくいコラーゲン等の栄養素が含まれています。鯛は白身魚でありながら、DHA、EPAが豊富で、100g当たりの含有量はアジより多く含まれます。DHA・EPAには、脂質異常症の改善、高血圧の抑制、痴呆症の改善・予防、アトピーの改善等が、またコラーゲンには骨をしなやかに保つ効果、老眼予防、血管そのものの健康維持、免疫機能改善、花粉症の軽減にも効果的です。


名阪食品がおすすめするポイント

季節を感じる食材の1つ、桜鯛のあらを使ってあら炊きにしました。あらに含まれるコラーゲンはビタミンCや鉄分と一緒に摂取するとより効果的に吸収されます。また、あらとして売られているものには血合いが含まれていて、その血合いには鉄分が多く含まれ、よりコラーゲンの吸収を助けてくれます。女性にとって不足しがちな栄養素なので、血合いが苦手な方もチャレンジしてみてください。
DHA・EPAは現代ではサプリメントとして手軽に摂取できる栄養素の1つとなりました。サプリメントも良いですが、季節の食材を通して旬を感じながら味わってみませんか?

バックナンバー