• 業務内容
  • そふまる
  • 安全・安心への取り組み
  • 会社情報
  • 採用情報

HOME >> 業務内容 >> 仕事力アップメニュー2015年7月

業務内容

仕事力アップメニュー

体を冷やす、動脈硬化や高血圧・癌の予防

麻婆茄子(46kcal/食)

麻婆茄子(46kcal/食)

ポイント栄養素

ナスニン


効果

ナスニン:なす特有の紫色の部分に含まれる色素で、ポリフェノールの一種です。抗酸化物質であるポリフェノールが癌の引き金になる活性酸素の働きを制御する働きがあるので癌の予防に期待できます。ナスニンは他に、血液をきれいにし、高血圧や動脈硬化を予防する効果があるといわれています。ナスニンは調理による加熱では効力をほぼ失うことなく発揮します。
また、ナスニンはアントシアニン系色素のポリフェノールの一種ですので、眼精疲労の回復にも効果的です。


名阪食品がおすすめするポイント

なすの原産地はインドで、日本へは8世紀頃に中国から渡来しました。なすは煮てよし、焼いてよし、炒めても、油で揚げてもよし、その上、漬物にしても美味しい、実に使い勝手のある野菜で、日本でのなす栽培の歴史も古く各地に地方豊かな品種があります。
なすの成分は90%以上が水分で、ビタミンやミネラルはあまり含まれていません。ですので、他の食品と上手に組み合わせて足りないものを補います。なすには上記の効能以外に、のぼせや高血圧に効くとされ、体を冷やす作用があるので、鎮静、消炎に有効で酒の肴にすると悪酔いの防止にもなるといわれています。
今回はなす料理の定番、麻婆茄子を作りました。ピリ辛い味が食欲の落ちる暑い時期でも食欲を掻き立ててくれる、そんな一品です。なすに含まれるカリウムには筋肉の動きをスムーズにする働き、豚ひき肉に含まれるビタミンB1には肉体的な疲労を軽減する働きがあり、疲労回復したいときに是非頂きたいですね。

バックナンバー