• 業務内容
  • そふまる
  • 安全・安心への取り組み
  • 会社情報
  • 採用情報

HOME >> 業務内容 >> 仕事力アップメニュー2016年12月

業務内容

仕事力アップメニュー

高血圧予防、便秘改善、鎮静作用メニュー

ユリ根のかき玉汁(89kcal/一杯分)

ユリ根のかき玉汁(89kcal/一杯分)

ポイント栄養素

カリウム、食物繊維
アルカロイド


効果

カリウム:ユリ根にはカリウムの含有率が野菜の中でもトップクラスと言われています。カリウムは体内の塩分濃度を調節する働きがあり、高血圧やむくみなどの予防、改善をサポートしてくれます。また、腎臓に溜まりやすい老廃物の排泄を促す効果があると言われています。
食物繊維:ユリ根の食物繊維には、水溶性、不溶性とも豊富に含まれ、不溶性食物繊維においては、大腸で水分を吸収し便の嵩を増やすため、便秘の改善に良いと言われています。そのため、満腹感が得られやすいというメリットがあり、食物の過剰摂取を抑制できることから、ダイエットや肥満防止にも効果的なようです。また、ユリ根に含まれる不溶性食物繊維は粘性が高く、ゆっくり腸内を進むため、血糖値の急激な上昇を抑制したり、コレステロールを調整したりする効果もあるようです。
アルカロイド:ユリ根は古くから薬用として珍重されてきたようで、神経の昂ぶりを抑える効果のあるアルカロイドが含まれていることが分かっています。不眠やストレス、ホルモンバランス等が要因のイライラを解消させると言われています。


名阪食品がおすすめするポイント

ユリ根は植物の球根です。ユリ属は多くの種類があり、食用として美味しく食べられる球根はほんの数種類程度だそう。また、ユリ根を食用としているのは中国と日本だけと言われています。
ユリ根の主成分は良質なでん粉で、野菜というよりは穀物や芋類感覚で取り入れやすい食材です。ユリ根の旬は10月頃〜年末にかけて収穫され、正月料理に使用されることが多いので、12月に出荷のピークを迎えます。さつまいもや南瓜などと同様に収穫から少し寝かせることでデンプンが糖に変化して甘味が増し、美味しくなります。
ユリ根は茶碗蒸しやおせち料理などでよく使用している食材なので、あまり家庭の食卓には馴染みがないイメージですが、ホクホクとした食感と、淡白ながらやさしい甘味があるのでじゃが芋と同感覚で使用することが出来ます。卵とじの煮物や、バター炒め、ホイル焼きなどにしても美味しく頂けます。今回はかき玉汁に入れて、あっさりと仕上げました。ユリ根のホクホク感も味わえるので、寒い日に温かい一品として食卓へ添えてみませんか?

バックナンバー